iChatAVその2

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iChatAVその2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

やっとiChatAVの接続テストができた。
使用するプロトコルはUDPでポートは5060、16384〜16386の4ポートだった。ちなみにNAT対策なのか他の意図があるのかは知らないが、Src、Dst共に同じポートを使っている。
何も帯域制限しないと、ADSL8MとBフレッツマンションタイプの間で、300kbps〜600kbps使用して通信する。レイテンシーはあまり気にならない程度。しかし、G4-450MHzのマシンで、CPUパワーを65%〜80%ぐらい喰うのはいただけない。G5買えと言うことだろうが(笑)
128kの人ともテストをしたが、ちゃんと使用帯域が80kぐらいに調整されたので、それなりにちゃんと帯域調整機構は働いてるようだ。(しかしこちらのテストではボイスが通らなかった)
ボイスだけならそんなにはリソースも喰わないので、そんなに実害はないが、音声がCDMA携帯で使っているのと同じCODECらしく、1対1なら何も気にならないが多人数で話すと破綻するっぽい。相手から流してもらったビデオを見たが、音声がぐちゃぐちゃだった。
CPUを喰わないようにチューニングしてもらえさえすればいい感じに仕上がると思う。楽しみに見守ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Help

WordPress theme: Kippis 1.15