iChatAVでUSBカメラを使う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iChatAVでUSBカメラを使う。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんなサイトを見つけた。
どうやらFireWireしか使えないiChatAVで、無理矢理USBカメラを使えるようにするパッチ?らしい。(パッチなのか何なのか知らないが)
うちにはUSBカメラなんて高級品は無いので検証できないが、一応手順を翻訳すると
1.まずOSXで動くカメラを用意する。
正式に対応してるのは、LogicoolQcam Pro 4000 QuickCam Zoom(日本では売ってないらしい)、Qcam for NoteBooks Pro
その他はIOXpertsとか、macamとかのドライバソフトでサポートしているカメラなら使えると書いてある。
2.Application Enhancerをインストールしてリブートしろと。
3.iChatが動いていたら終了して、その後にiChatUSBCamをインストールする。
4.USBポートにカメラを差してiChatを起動。
だってさ。
おー、Application Enhancerのページを見ると、昔のMacの機能拡張モノのノリでソフトが書けるツールなのね。今で言うとPalmのHackソフトっぽい。
こいつを使うディスパッチャプラグインを作ったって所か。
なるほど。該当のカメラを持っている方は是非。
※この手順の通りに作業した結果にたいして私MMTは責任を持てません。実行する場合はあくまでも自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Help

WordPress theme: Kippis 1.15