インターネット年表

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - インターネット年表
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

前回のエントリーから早10日。
前回予告した「2006年4月のインターネット私論(仮称)」の執筆は絶賛難航中。
あんまり間が開きすぎるのもなんなので、ウラを取る過程で出来た資料を先に出しちゃおうと思う。
インターネット文化に関係が深いと思われる出来事を中心にインターネットUNIXの歴史をまとめてみる。
※きちんとした記録が残っていないものが多いため、間違っている場合があると思います。事実と違っているようでしたらコメント欄ででも指摘していただけるとありがたいです。
1969年: インターネットの前身であるARPANET発足。結ばれたのはカリフォルニア大学ロスアンゼルス校、スタンフォード研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学。
1970年: ベル研究所のケン・トンプソンデニス・リッチーらによりUNIX開発。
1971年: e-mailが異なるコンピュータ間でも送受信できるようになった。後にMINIXを開発するアンドリュー・タネンバウムカリフォルニア大学バークレー(以下バークレー)にて博士号取得。
1972年: デニス・リッチーらがC言語開発。
1973年: ARPANETがイギリス、ノルウェーと初の国際接続。UNIXC言語で書き直される。
1974年: バークレーのMichael Stonebrakerが指揮をしたINGRES(リレーショナルデータベース)配布開始。UNIX-Version 5ソース配布開始。エリック・オールマン(Syslog、sendmail等の作者)がバークレーに入学。
1975年: UNIX作者の一人Ken Thompsonが一年間客員教授としてバークレーに赴任。バークレーの大学院に後にBSD-UNIX開発の中心人物となるビル・ジョイ(漢字名:美流上位)とチャック・ヘイリー入学。UNIX-Version 6リリース。
1977年:南カリフォルニア大学ジョン・ポステルらによってIANA(Internet Assigned Numbers Authority)発足。バークレーよりBSD版UNIX、1BSDの配布開始。BSDとはBerkeley Software Distributionの略。
1979年:デューク大学とノースカロライナ大学間でUUCP接続を使ったUSENET発足。MySQLの作者Micheal WideniusがUNIGRESを開発。
1980年: ARPAの後継であるDARPA(国防省高等研究計画局)が、DARPAのシステムをUNIXに統一することに決定、これにより4BSDはDARPA用に開発されることになる。同年10月4BSDリリース。
1981年:4.1BSDリリース。ニューヨーク市立大学とエール大学間でBITNET発足。NSF(National Science Foundation = 全米科学財団)がCSNET (Computer Science NETwork = コンピュータ科学ネットワーク) を発足。sendmail(この時点での名称はdelivermail)公開。
1982年: ARPANETの通信プロトコルしてTCP/IPを採用。スコット・マクネリーらがビル・ジョイを誘ってサン・マイクロシステムズ(SUNはStanford University Networkの意)設立。
1983年: TCP/IPを実装した4.2BSDリリース。ポール・モカペトリスとジョン・ポステルによってDNS(Domain Name System)開発。CSNETとARPANET間のゲートウェイ接続開始。ARPANETから軍事用ネットワーク(MILNET)が分離。
1984年: リチャード・ストールマンGNUプロジェクト発足。インターネットへDNSを導入。インターネットへの接続ホスト数が1,000台を突破。日本でUUCP接続を使ったJUNET(Japan University NETwork)開始。USENETが初めてのニュースグループを導入。
1986年: バークレーにてINGRESの後継を目指したPOSTGRES(現PostgreSQL)開発開始。
1987年: 世界初の商業ISP、UUNET発足。アンドリュー・タネンバウムによりOS教育用のMINIX公開。ラリー・ウォールPerl公開
1989年: CIX(Commercial Internet eXchange)が設立されインターネットの商用利用が可能になった。(この時点までは学術利用のみで商業利用は禁止だった) またPPP(Point-to-Point Protocol)がUNIXに実装された。
1990年: CERNティム・バーナーズ=リーによりWWW(World Wide Web)開発開始。公開は1991年。
1991年: 4.3BSD Net/2公開。リーナス・トーバルズによるLinux公開。IIJ設立。ニフティサーブインターネットゲートウェイ開始。
1993年: InterNIC発足。イリノイ大学の学生らによってMosaicリリース。
1994年: ベッコアメ、リムネット等のISPが設立。以後、日本国内では雨後の筍のようにプロバイダーが設立された。4.4BSD-Lite公開。Netscape Navigaterβ版無償配布開始。
1995年: MySQL1.0公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Help

WordPress theme: Kippis 1.15