TV広告の未来

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TV広告の未来
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

Amazon傘下のIMDb.com、映画とテレビ番組全編を無料提供開始 – ITmedia News

 米Amazon.com傘下の映画情報データベースサイトInternet Movie Database(IMDb)は9月15日、映画とテレビ番組を、無料で視聴可能にすると発表した。現在のところ、このサービスはライセンスの問題により米国内でのみの提供となっている。
 現在放映中の人気テレビ番組「24」「CSI」「Heroes」に加え、「スタートレック」などの過去の人気シリーズ、過去の映画を含む6000本以上を無料提供する。

IMDb.com、早速試してみた。
ものによって違うんだと思うけど、最初15秒CMが流れ、途中何回か30秒のCMが入る。頭出しは出来るがCM箇所では強制視聴。飛ばすことは出来ない。
GyaOのような感じ。
システムはどうやらマクロメディアFlash Communication Server利用で、帯域は800~900kbps。
画質は米国のアナログCATVレベルと言ったところか。
裏読みすれば、ビデオに撮られてCMスキップされるよりは早送りできないこの方式の方がCMを確実に見てもらえて良いと言うことだろう。
その気になればCMカットしたファイルを作成できるが、ビデオデッキのようには簡単にいかないので、それなら30秒位待つと思う。
IMDb.comの読みが当って十分な利用者が得られれば、コンテンツ所有者としてはCATV、衛星放送に並ぶ新しいチャネルが生まれることになるので歓迎であろう。失敗してもコンテンツ所有者にはリスク無いしね。
米国と違い日本は民法大手が一局あたりでも多くの視聴者に放送できることと、コンテンツ所有者≒放送局なのですぐにこの流れになるとは思えないが、HDDビデオがもっと普及してタイムシフト視聴が多数派になった頃にはGyaOに風が吹くかも?それとも他の誰かが取れるかな。
視聴者にとっては選択肢が増えていいことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Help

WordPress theme: Kippis 1.15