毛家紅焼肉を求めて – 正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP in San Mateo その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 毛家紅焼肉を求めて – 正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP in San Mateo その2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

DSCF1409.JPG
DSCF1408.JPG
正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP in San Mateo – MMT’s Blogの続き
毛家紅焼肉を求めて再訪してきた。
Googleの日本語検索で”毛家菜”現在第5位(苦笑)
さらに調べると最近中国では湖南料理を毛家菜と称する店が増えているそうで。
由来に関して真偽不明ながらも学術機関の研究結果を見つけた。
大学共同利用機関 人間文化研究機構 国立民族学博物館:毛沢東観光(韓 敏)によると

毛家飯店の前の湯さん
 彼女は、韶山の村人の中で初めて毛の名前をレストランの名前に使い、毛沢東の商品化を試みた人である。彼女は日常的に食べていた田舎料理を整理し、田舎料理の辛さと味の濃さを生かして、毛沢東の気に入ったメニューも入れて、韶山料理のブランドを開発した。現在、毛家飯店は、韶山以外に、北京、瀋陽などのところで27のチェーン店をもっている。

ばあちゃん、毛沢東の生まれた村に住んでるってだけで毛家飯店開店(笑)
由来も毛沢東に一回会ったことがあるぐらいなのか…さすが中国人(笑)
調べると毛家菜はニンニクとラードたっぷりで濃いめの味付けが信条らしいので、このSan Mateoの店が花椒を使っているのは四川料理との融合かな?
毛家紅焼肉と毛家湯麺を注文。
まずは毛家湯麺が到着。スープがちゃんと出汁が効いた味でイイ感じ。
食ってるうちに毛家紅焼肉も到着。
いや、これ旨い。脂も程よく抜けていてすばらしい出来。
ニンニクたっぷりで味が濃すぎなので好き嫌いもあろうが、味のレベルとしては東坡肉として赤坂離宮で4000〜5000円ぐらいしてもおかしくないと思う。
毛家紅焼肉味が濃すぎて毛家湯麺の出汁が感じられなくなってしまったほど(苦笑)
#味が濃いと言ってもしょっぱいわけではない。
是非この店で毛家の名がつく料理を制覇してみたいものである。料理人が変わらないうちに(笑)
正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP
Tel: 650-345-1277
11:00 – 14:30
16:30 – 20:30
火曜定休
カードはVISA、 マスター。$15以上。
164W. 25th Ave.
San Mateo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Help

WordPress theme: Kippis 1.15