Android G1で日本語表示

DSCF1590.JPG
会社帰りにふとBestBuyに寄ってみたら、入り口に「G1あります」の張り紙。
行ってみるとちゃんと展示されてた。
で、試しに日本版Slashdot表示したら問題なく表示。フォントも綺麗にアンチエイリアスがかかってWindowsXPなんかよりも数段綺麗(笑)
でも簡体字と混ざってるのかな?「今」って字が簡体字っぽいね。
軽くさわった感想としては、キーボードは可もなく不可もなく、強いて言えば右側のトラックボールとボタンがある部分が厚すぎてちょっと邪魔。
個体差かも知れないがタッチパネルは反応が堅い。爪先でタップしたが、結構勢いを付けないと反応しなかった。
ガジェットとしては非常に良い感じで物欲をそそるが、iPhoneから乗り換える気になるかと言えばそこまでではない。っていう感想。

2008 San Francisco Chronicle Bargain Bitesの覚え書きに対するコメント

shina_poohな日々@San Francisco。 : No.558 地元紙が選ぶ安くて美味しいレストラン 2008 San Francisco Chronicle Bargain Bitesを読んで、店名を見て思い出せるところにコメントしようかと思ったらこれまた長文になったのでトラックバック(笑)
それぞれの店の情報も、もしかしたらいつかちゃんとBlogの記事にするかも知れないけどいつになることやら(苦笑)
Big Mouth Burgers
ブルーチーズバーガーは美味い。
だけどソースの旨味がメインで、バーガーそれ自体は美味い方ではあるけど飛び抜けて美味いわけではない。
Burgermeister
絶品。
ガーリックフライ、バッファローウイングがまた美味い。
Jeffrey’s Hamburgers
素材の味〜系
バーガーは美味い。それ以外はイマイチ。と言うか普通。
Katana-ya
日本名は刀屋。SFでは美味いラーメン。
10年前の日本基準ならなら十分美味いと言える味だろう。
デフォルトではしょっぱめでさらに油が多めなので注意。
Santa Ramen
日本の味と比べちゃいけないがベイエリアトップ3〜5ぐらい?
Little Star Pizza
ここは美味い。
Zachary’s Pizzaと双璧。
Deep Dish御三家の序列としては
Zachary’s Pizza≒Little Star Pizza≧Patxi’s
普通のピザは普通に美味いが上記の店達はDeep Dishに限る。
Shalimar
絶品。ガーリックナンお勧め。
店によって味が違う。美味い順に
Jones Street > Polk Street > Sunnyvale
って感じかな?わざわざSFまで来たならJones行くべし。夜はお勧めしない。
Fremontは行ったことがないのでわからない。
New Tabla Restaurant
ブリアニお勧め。

毛家紅焼肉を求めて – 正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP in San Mateo その2

DSCF1409.JPG
DSCF1408.JPG
正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP in San Mateo – MMT’s Blogの続き
毛家紅焼肉を求めて再訪してきた。
Googleの日本語検索で”毛家菜”現在第5位(苦笑)
さらに調べると最近中国では湖南料理を毛家菜と称する店が増えているそうで。
由来に関して真偽不明ながらも学術機関の研究結果を見つけた。
大学共同利用機関 人間文化研究機構 国立民族学博物館:毛沢東観光(韓 敏)によると

毛家飯店の前の湯さん
 彼女は、韶山の村人の中で初めて毛の名前をレストランの名前に使い、毛沢東の商品化を試みた人である。彼女は日常的に食べていた田舎料理を整理し、田舎料理の辛さと味の濃さを生かして、毛沢東の気に入ったメニューも入れて、韶山料理のブランドを開発した。現在、毛家飯店は、韶山以外に、北京、瀋陽などのところで27のチェーン店をもっている。

ばあちゃん、毛沢東の生まれた村に住んでるってだけで毛家飯店開店(笑)
由来も毛沢東に一回会ったことがあるぐらいなのか…さすが中国人(笑)
調べると毛家菜はニンニクとラードたっぷりで濃いめの味付けが信条らしいので、このSan Mateoの店が花椒を使っているのは四川料理との融合かな?
毛家紅焼肉と毛家湯麺を注文。
まずは毛家湯麺が到着。スープがちゃんと出汁が効いた味でイイ感じ。
食ってるうちに毛家紅焼肉も到着。
いや、これ旨い。脂も程よく抜けていてすばらしい出来。
ニンニクたっぷりで味が濃すぎなので好き嫌いもあろうが、味のレベルとしては東坡肉として赤坂離宮で4000〜5000円ぐらいしてもおかしくないと思う。
毛家紅焼肉味が濃すぎて毛家湯麺の出汁が感じられなくなってしまったほど(苦笑)
#味が濃いと言ってもしょっぱいわけではない。
是非この店で毛家の名がつく料理を制覇してみたいものである。料理人が変わらないうちに(笑)
正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP
Tel: 650-345-1277
11:00 – 14:30
16:30 – 20:30
火曜定休
カードはVISA、 マスター。$15以上。
164W. 25th Ave.
San Mateo

正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP in San Mateo

DSCF1318.JPG
DSCF1303.JPG
DSCF1313.JPG
DSCF1315.JPG
DSCF1317.JPG
昼飯をどこにしようか考えたが、昼過ぎに立てていた予定まで時間がなかったため、早く出てきそうな店ということでサンマテオはW 25thにあった又一店という中華麺屋に向かった。
又一店の紹介は下記の御二方の記事でどうぞ
The Noodle Shop|Beyond SF Bay
shina_poohな日々@San Francisco。 : No.283 身近でこんなに美味しい小龍包!The Noodle Shop@San Mateo
着いてみると何か佇まいが違う…と思ったら違う店になってた(苦笑)
店名は正宗 毛家菜、英語名は又一店と同じTHE NOODLE SHOP。と言う割には麺は9種類しかないのは又一店が読めない客を騙して入らせようという魂胆か?(笑)
他の店に行く時間もないのでそのまま飛び込んだ。
頼んだのは毛家回鍋肉、毛家炒飯、湖南肥腸酸辣粉の3種類
まず毛家回鍋肉が来た。お、いい見た目。味もGood。
湖南系の店の味としてはかなりイケると思う。何といってもバラ肉に脂身も皮もついてる。素晴らしい。(皮も柔らかく調理してあるので心配無用)
次に毛家炒飯到着、一見なんてことないチャーハンなのだが、なんというか、チャーハンとピラフの合の子のようで美味い。
最後に湖南肥腸酸辣粉。モツが柔らかい。面はビーフン、と言うよりマロニーちゃん。かなり酸辣というか花椒も効いてていい感じ。辛いけど(笑)
この店はアリだと思います。
メニューの能書きによれば、毛家菜というのは毛沢東の故郷の湖南料理らしい。Google先生にお伺いを立ててみるとどうやらそういうことで正しいようだ。
毛沢東と言えば紅焼肉らしいので次回は是非試そう。
(料理名に毛家と書いてあるのが毛沢東由来の料理らしい)
正宗 毛家菜 / THE NOODLE SHOP
Tel: 650-345-1277
11:00 – 14:30
16:30 – 20:30
火曜定休
カードはVISA、 マスター。$15以上。
164W. 25th Ave.
San Mateo

TV広告の未来

Amazon傘下のIMDb.com、映画とテレビ番組全編を無料提供開始 – ITmedia News

 米Amazon.com傘下の映画情報データベースサイトInternet Movie Database(IMDb)は9月15日、映画とテレビ番組を、無料で視聴可能にすると発表した。現在のところ、このサービスはライセンスの問題により米国内でのみの提供となっている。
 現在放映中の人気テレビ番組「24」「CSI」「Heroes」に加え、「スタートレック」などの過去の人気シリーズ、過去の映画を含む6000本以上を無料提供する。

IMDb.com、早速試してみた。
ものによって違うんだと思うけど、最初15秒CMが流れ、途中何回か30秒のCMが入る。頭出しは出来るがCM箇所では強制視聴。飛ばすことは出来ない。
GyaOのような感じ。
システムはどうやらマクロメディアFlash Communication Server利用で、帯域は800~900kbps。
画質は米国のアナログCATVレベルと言ったところか。
裏読みすれば、ビデオに撮られてCMスキップされるよりは早送りできないこの方式の方がCMを確実に見てもらえて良いと言うことだろう。
その気になればCMカットしたファイルを作成できるが、ビデオデッキのようには簡単にいかないので、それなら30秒位待つと思う。
IMDb.comの読みが当って十分な利用者が得られれば、コンテンツ所有者としてはCATV、衛星放送に並ぶ新しいチャネルが生まれることになるので歓迎であろう。失敗してもコンテンツ所有者にはリスク無いしね。
米国と違い日本は民法大手が一局あたりでも多くの視聴者に放送できることと、コンテンツ所有者≒放送局なのですぐにこの流れになるとは思えないが、HDDビデオがもっと普及してタイムシフト視聴が多数派になった頃にはGyaOに風が吹くかも?それとも他の誰かが取れるかな。
視聴者にとっては選択肢が増えていいことだ。

WordPress theme: Kippis 1.15